月別アーカイブ: 2022年4月

オーデマ・ピゲの革新的な傑作、チタン製の「ロイヤルオーク オフショア・クロノグラフ

オーデマ・ピゲの革新的な傑作、チタン製の「ロイヤルオーク オフショア・クロノグラフ

1993年、スイスの高級時計ブランド「オーデマピゲ コピー」が発表した「ロイヤルオークオフショア」は、独特の男らしさと極限のスポーツ性を兼ね備えたコレクションとして、時計愛好家の間で高い人気を誇っています。 現在、「ロイヤルオークオフショア」は、さらに包括的なモデルへと進化しています。 2017年、オーデマ ピゲはこの伝説的なコレクションに、「オフショア」ブランドのタイムピースと同様にいくつかの新しいモデルを追加し、再びスポーツウォッチの世界で最も革新的なラグジュアリーコレクションを作り上げました。 スポーツウォッチの世界で最も革新的なマスターピースです。 例えば、チタン製の「ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ」(型番:26400IO.OO.A004CA.01)を見てみましょう。

垣根を越えて、ラグジュアリー・スポーツ・タイムピースの最高傑作を創る

1989年、「ロイヤルオーク」は、硬質でクラシックな八角形のケース形状などのデザイン性により、すでに時計愛好家の間で広く認知されるようになっていた。 そしてエマニュエル・ゲイは、ロイヤルオークの固定サイズを42mmに拡大し、ベゼルとケース中間の間に外部から見える大きなラバー製の防水ガスケットを配置し、新しい時計の防水性を高めることを目的としたのである。 の性能を発揮します。 さらに、2つのクロノグラフのプッシャーにラバーを採用することで「オフショア」であることをさらに強調し、リューズの外周にラバーを巻き付けることで操作時の快適性を高め、当時の高級スポーツウォッチ界で最も革新的な「ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ」1号機が誕生したのです。 当時、高級スポーツウォッチの世界で最も革新的な作品のひとつであった、初代「ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ」。

詳細を見る

このモデルは、オーデマ・ピゲのコレクションを象徴するチタン製ケースと八角形のブラックセラミックベゼルの組み合わせが特徴的です。 セラミックベゼルとは対照的なグレーの文字盤と、同色のラバーストラップが、手首にタフでスポーティーな印象を与えています。

繊細なセラミックベゼルと44mmサイズのチタンケースの組み合わせが、この新作に特別な雰囲気を与えています。 セラミックベゼルは、前面がサテン仕上げ、側面がポリッシュ仕上げとなっており、セラミックの2つの表情を楽しむことができます。 ブラッシュド&ポリッシュ仕上げのチタンケースとのコンビネーションは、素晴らしいディテールです。 長方形のクロノグラフプッシャーは、オリジナルの丸いデザインに比べ、より強いインパクトを感じさせます。 八角形のねじ込み式リュウズにはオーデマ・ピゲの「AP」ロゴが刻まれ、新しいタイムピースとしての存在感を示しています。 この時計は100m防水です。

文字盤の側面図

ダークグレーの文字盤には、「MégaTapisserie」の特大ギョーシェ模様が刻まれ、優れた表情を演出しています。 ブラックのタキメーターベゼルはグレーのミニッツサークルで区切られており、12時位置にスモールセコンド、9時位置に30分計、6時位置に12時間計と、機能表示が直感的に分かるようになっています。 サブダイヤルのレイアウトやデザインは、互いに干渉しないように異なる色の針で区切られており、非常に使いやすいものとなっています。 ホワイトゴールドの夜光塗料付きインデックスとロイヤルオーク針は、暗い場所でも時刻を確認できるよう、完璧なコントラストで配置されています。

裏蓋は裏透過式で、サファイアガラス越しにムーブメントの22Kゴールド製ローターを見ることができます。地板にはサーキュラーグレインが施され、ブリッジにはハンドベベルとポリッシュ仕上げが施されて、さらに興味深い仕上がりとなっています。 自動巻きキャリバー3126/3840は、オーデマ・ピゲの自社製ムーブメントです。 365個の部品で構成され、55時間のパワーリザーブを備えています。

グレーラバーストラップ

チタン製ピンバックル

柔らかい質感のグレーのラバーストラップ付き。 オーデマ・ピゲのロゴが刻印されたチタン製ピンバックルが付属しています。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ チタン

要約すると、新しい「ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ」は、皆様にお会いするために長い間お店に到着していました。ブランドの「ロイヤルオーク オフショア」のクラシックなデザインスタイルに先駆的な素材を組み合わせ、高級スポーツウォッチ分野の革新的精神とスポーツクオリティを反映させたモデルです。 チタン素材は、同素材に比べ、剛性が高く、おおらかで耐久性に優れています。https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-16.html

オメガ シーマスター アクアテラ 150M クロノメーター 34mm

オメガ シーマスター アクアテラ 150M クロノメーター 34mm

オメガは、シーマスター コレクションに新たなメンバーを加えました。「水」と「大地」を意味する「アクアテラ」という名前は、人間の存在する世界を表すだけでなく、オメガを鼓舞する2つのラテン語を表しています。 この2つのラテン語は、人間の存在する世界を表現するだけでなく、オメガを鼓舞するものでもあります。 その時計は精密さと防水性に定評があり、時計愛好家には理想的な製品です。 先日、北京の金融街にあるオメガのフラッグシップショップを訪れたところ、今年の「オメガ シーマスター アクアテラ 150m クロノグラフ 34mm」が店頭に並んでいました。セドナ®18Kゴールドで美しく仕上げられ、ダイヤモンドをあしらったこのモデルは、高級感とともに、本来のバランスと調和がとれた輝きを放っています。 ここで、一緒に見てみましょう:(モデル番号:220.55.34.20.55.001)

女性用の新しいシーマスター アクアテラは、外観にこだわっただけでなく、数々の独創的なデザインが盛り込まれています。 アクアテラ レディ」の38mmと34mmは、クロノメーターにアップグレードされ、より高い信頼性と優れた耐磁性を実現しています。

セドナ®18Kゴールドのケースは、側面がサテン仕上げとポリッシュ仕上げで美しく仕上げられています。 ベゼルには、精緻なダイヤモンドが円形にセットされています。 ホワイトマザーオブパールの文字盤の柔らかさが、時計の静けさに拍車をかけています。 ケースの片側にあるセドナ®18Kゴールド製リューズにはオメガのロゴが刻印され、リューズの周囲には滑り止めのテクスチャーが施されており、優れた手触りを実現しています。

マザーオブパールの文字盤はシンプルかつピュアで、アワーマーカーには11個のダイヤモンドが溝にセッティングされ、セドナ®18Kゴールドの時針、分針、クロノグラフ秒針には白いスーパールミノバが塗られ、暗い場所でも簡単に時間を確認することができるようになっています。

内部には、55時間のパワーリザーブと15,000ガウスまでの強力な耐磁性を備えたオメガ8801クロノメータームーブメントを搭載しています。 時計全体とムーブメントは、スイス連邦計量研究所(METAS)が認定する高水準の時計製造認証に合格しており、卓越した精度、性能、耐磁性を実現しています。 また、150m防水機能も備えています。

ウォッチストラップ表示

時計の留め具の表示

アップグレードされたセドナ®18Kゴールドブレスレットは、頑丈さと美しさを兼ね備え、女性の細い手首にフィットするよう人間工学的に設計されています。 フォールディング・クラスプにはオメガのロゴが刻印され、この時計にブランドの存在感を与えています。

まとめ:今年のシーマスター アクアテラ クロノメーターは、話題の41mmブルーラバーストラップモデルをはじめ、すでに店頭に並んでいるものもあるそうで、店頭に残っている数はごくわずかなので、時計好きの方はこの機会を逃さないようにしたいですね。

ロレックスのガラスは、なぜ時計の上をいくのか?

ロレックスのガラスは、なぜ時計の上をいくのか?

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 兄弟、ロレックス コピー通販代引きサイトを手にとって見てみると、ロレックスの時計のガラスは、時計のベゼルより一回り大きいことがわかる。 私も何年も前に時計を買い始めた頃、ロレックスのガラスが他の時計と違うことに気づき、ロレックスのガラスはワンランク上だと思い、気になりました。 でもやっぱり、ただのグラスなので、一回見てコメントしたら終わりです。

ロレックスのガラスが時計のワンランク上であることは、多くの兄弟が気づいていると思います。

ロレックスがガラスを一段高くした理由は、後の事件でようやくわかった。

最初は、ロレックスのガラスがベゼルより高いのが不思議で、周りの友人に「なんでロレックスのガラスがベゼルより高いのかわからない、意味がわからない、簡単にノックできる」と話していました。 そんなある日、UPIの時計(今思えば、UPIの時計は前後に何本か買っていて、見た目もとても気に入っています)をつけていて、歩いているときに気を抜いていたら、UPIの時計はどれも比較的大きいので、時計をテーブルに倒してしまったのです。 テーブルは強化ガラス製なので、それほど重さは感じませんでしたが、時計を見ようと手を上げると、ベゼルに数カ所の穴が開いていました。 文字盤の大きな面を見せるために、ベゼルは非常に細く鋭角的であり、ノック式ベゼルはまるでナイフで切られたような感じです。 この程度では自分では直せないし、かなり悩んでいます。

プレートが大きいのは、ベゼルの幅を非常に狭く作っているためです。

UPIを着けている友人も、彼の時計はベゼルがノックされやすく、ピットが残ると言っていました。 詳しく調べてみると、私のはノックがかなり軽微で、ぽっかりと穴が開いているだけでした。 兄弟には、文字盤に影響が出るほど強くたたかれたポルトギーゼ7を着けている者もいます。 ベゼルが叩き込まれて文字盤にめり込み、その結果、文字盤を傷つけてしまった。

フライウォッチのベゼルも非常に細いです。

よく考えたら、ロレックスをよくつけていたような気がするのに、どうしてぽっかりと穴が空かないんだろう? 手持ちのロレックスを見てみると、ベゼルに多少傷があるほかは、ほとんどピットもない。 ロレックスのミラーはベゼルを保護するために使われているという話を聞いたことがありましたが、その時はよくわかりませんでした。

この角度から見ると、ベゼルの幅が狭いことがわかります。

ベゼルは、時計が最もノックされやすい場所です。

時計で一番当たりやすいのはベゼルです。 特に高級なダイビングウォッチではセラミックベゼルが採用されているので、ノックされても大丈夫です。 しかし、スチールやゴールドのケースを持つ時計はそうではありません。 多くの時計は、ガラスとベゼルの間に平らな面があるので、まずベゼルがノックされます。 スチールやゴールドのベゼルは比較的柔らかいので、叩くと簡単にぽっかりと穴が開いてしまいます。 ロレックスは、ガラスをベゼルより一回り上にすることで、ノックしてもガラスが先にノックされるので、ベゼルをノックすることがない(もちろん、ロレックス以外にもこういう時計はあるが、私はロレックスを代表として取り上げている)。

ベゼルを叩かなければ、ガラスは怖くないのか」と言う人もきっといるでしょう。 確かに、ガラスは本当に「ノックを恐れない」ですね。 ご存知のように、高級腕時計のガラスは今やサファイアガラス、人工サファイアになっています。 最も硬いのはダイヤモンドでモース硬度10、2番目がサファイアでモース硬度9、鉄はモース硬度6程度(鉄によって多少の違いはあるため)です。

ロレックスの盛り上がったガラスは、ベゼル、特に犬歯型ベゼルを保護します。

一見すると、それほど離れていない数字だと思われるかもしれませんね? 例えば、ダイヤモンドは10、サファイアは9ですが、その差はダイヤモンドの方がサファイアの100倍も硬いということです。 各レベルのギャップが大きいですね。 だから、サファイアガラスはスチールケースよりずっと硬いんです。 ロレックスはサファイアガラスにノックして跡が残らないようにするのが普通です。 ここで特にポイントとなるのが、犬歯状のリングです。 ロレックスの犬歯リングはすべて金なので、本来は柔らかく、角度が非常に鋭く、ノックはガッチリしているのです。 ベゼルの高い位置にあるサファイアガラスは、犬歯をよく保護し、簡単に犬歯にぶつかることはありません。

また、ガラスはロレックス・スポルトローのベゼルよりも高い位置にあります。

ガラスの保護は大丈夫ですか? いいえ、そんなことはありません。

ロレックス(この方式の他の時計も含む)のこの盛り上がったサファイアガラスは、通常、見た目は良いのですが、一番悲惨なのは、ガラスをすぐに叩き割ってしまうことです。 中には、「サファイアガラスはノックを恐れないと上で言っていたじゃないか」と言われる方もいらっしゃるでしょう。 確かに小さな衝撃は問題ないのですが、いつサファイアガラスが外れてもおかしくないくらい硬い時もあります。 このような状況なので、2回ほどノックをしたことがあります。 6時方向と2時方向に1つずつ、どちらもグッとくるものがあります。

何度もノックされたロレックスのガラス。 ガラスを交換する必要がありました。

スチールケースやゴールドケースなどは、基本的に修理が可能ですし、自分で研磨して目立たなくすることもできます。 もし、本当に強くぶつけてガラスを叩いてしまったら、ガラスを交換しなければならず、修理のしようがない。 より高価な部分は、実際には、公式のガラスは1000元(緑色のガラスはほぼ3000元)よりも、多くのお金ではありませんが、公式の交換ガラスは、ガラスを変更するときに、油を洗っていない場合は、動きが出るので、動きと一緒にメンテナンスを行う必要がある、それは(これは理由のタイプです)ほこりや他の理由のために元の標準を満たしていない可能性がありますです。 この場合、ガラスの交換とムーブメントの注油で4,000円前後(緑のガラスは割高)です。

より高価なグリーンガラスの出っ張り部分が見える。 一回変えるのにお金がかかるんですよ。

ブルーオーシャン・ドリーム – ユリス・ナルダン マリン クロノメーター

ブルーオーシャン・ドリーム – ユリス・ナルダン マリン クロノメーター

スイスのル・ロックルにあるユリス・ナルダンは、豊かな時計製造の歴史と遺産を持ち、常に魅力的で受賞歴のある時計を製造しています。 ユリス・ナルダンのグラン・フー エナメル マリン クロノメーター(モデル 1183-310/43)は、常にユニークでクリエイティブなクリエーションで、真のテクノロジーを純粋な形で提示し、革新的技術の縮図を取り入れています。

1846年以来、ユリス・ナルダンは革新的で正確な時計を製造することで知られており、その結果、世界中の海軍司令官や商船の船長がユリス・ナルダンのマリンクロノメーターやクロノメーター懐中時計を求めてきました。

42mmのステンレススチールケースに、ダークブルーの文字盤に規則正しい針配置を施し、船内時計のようなレトロな雰囲気を醸し出しているモデルです。 ダークブルーのアリゲーター・ストラップとフォールディング・クラスプを備えたこの時計は、ユリス・ナルダン クロノメーター認定とユリス・ナルダン クロノメーター プロフェッショナル認定のダブル認定ムーブメントUN-118を搭載しています。

ダークブルーの文字盤は、海の啓示を感じさせる。 レギュレーテッドハンドレイアウト、12時位置のパワーリザーブ表示、スモールセコンド、6時位置の日付表示を搭載しています。 特徴的な時分針やローマ数字など、航海にまつわるコレクションの中でも非常にクラシカルで、ヴィンテージの香りを漂わせる時計です。

ステンレススチール製のリューズの上部には、ユリス・ナルダンのブランドロゴが施されています。

ブラックステッチを施したダークブルーのアリゲーターレザーストラップには、ポリッシュ仕上げのスチール製フォールディング・クラスプが装着されています。

ベゼルにはコインをモチーフにしたフルーティングが施され、ケースの側面には次の時計の番号が記されています。

ムーブメントはUN-118を搭載し、ローターにはユリス・ナルダンのロゴがあしらわれています。 ムーブメントには、シリコンテクノロジーとDIAMonSILテクノロジーを採用し、正確で安定した計時を実現し、60時間のパワーリザーブを備えています。 この時計は、ユリス・ナルダンのクロノメーター・プロフェッショナルの認定を受けており、クロノメーターの認定を受けています。

要約すると、新しいユリス・ナルダンのナビゲーターは、洗練とモダンの象徴です。 ホワイトとブルーの文字盤、スチールまたは18Kピンクゴールドのケースで、3種類のオプションが用意されています。 新しい3つの「ノーティカル・パイロット・ウォッチ」は、いずれもその時々のモダンでコンテンポラリーな都会的スピリットを反映したものです。 時計は現在発売中です。