投稿者「鎌仲 航平」のアーカイブ

ハードエッジなスタイル。 ラインの美しい3つの時計。

ハードエッジなスタイル。 ラインの美しい3つの時計。

絵画では、線は点の動きであり、目に見える行動の軌跡である。 線そのものが常に動き続け、さまざまな人生を表現しているのです。 線が進み、回り、曲がり、変化していかなければ、美の形はありえない。

オメガ シーマスター アクアテラ コーアクシャル
腕時計のモデル:231.10.42.21.02.002
ケース径:41.5mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
コメント:このクラシックで硬派なタイムピースは、オメガの輝かしい海洋の遺産を称えています。 オメガ シーマスター アクアテラ 150m “キャプテン”」は、「チークコンセプト」の質感を持つシルバーのダイアルと3時位置の日付窓を備えます。 41.5mmのステンレススチールケースとベゼル、ステンレススチールブレスレットが、このユニークなダイヤルを完全に保護します。 この認定クロノメーターは、オメガ・コーアクシャル・キャリバー8500を搭載しています。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークオフショア 15703ST.OO.A002CA.01
ケース径:42mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:300メートル
コメント:実用的でミニマルなこのオーデマ・ピゲのロイヤルオークオフショアは、直径42mmのステンレススチールケース、細かく磨き上げられたコーナーなど、トップブランドに求められるあらゆるディテールを備えたユニークな美しさを持つ時計です。 内部には、フラットヘアスプリング設計とKIF衝撃吸収機能を備えた自動巻きムーブメントcal.3120を搭載し、完全に巻き上げた状態で60時間のパワーリザーブを実現しています。

ウブロ キングパワー コレクション 715.CI.1110.RX
ケース径:48mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:セラミック
防水性能:100m
コメント:オリンピックで火がついたウブロですが、もちろん長年にわたる製品の確かな仕上がりと優れたデザイン性のおかげで、このような結果を残すことができました。 キングスプリーム715.CI.1110.RXは、より控えめなブラックカラーを採用し、ソリッドブラックストラップとソリッドブラックセラミックケースを備えています。 自動巻きメカニカルムーブメントとクロノグラフ機能により、控えめなムーブメントに助けられ、控えめにしたい方に最適です。

結論:男性にとって、ラインの美しさは柔らかさではなく、スチールにある。ハマーやジープが男性に人気がある理由のひとつは、時計も同様で、男性特有の洗練された資質を示すために、タフさを輪郭づけるいくつかのラインが必要なのだ。

100万円以上の時計 価値観」とは何でしょうか?

100万円以上の時計 価値観」とは何でしょうか?

100万を超える時計があると、多くの人は信じられないと思う。大多数の人にとって、時計に何百万もかけるのは異常だが、時計に何百万、何千万とかける金持ちも一握りいるからだ。 では、こんな小さな時計が100万円以上もするのはなぜなのか。 金塊1個でも数十万で済むが、金塊より高いものも確かにある。

パテックフィリップスーパーコンプリケーションクロノグラフ6104G-001
直径:44mm
時計の厚さ: –
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ホワイトゴールド
防水性能:30メートル
Watch Review: まずはパテック・フィリップの100万ドル時計、6104Gから。 パテック・フィリップのスーパーコンプリケーションは一般的に非常に高価であり、このような超大型時計は通常のコンプリケーションメニューよりも複雑なものとなっています。 まず、星図、天球図、月の満ち欠け、月の軌道、シリウスと月の真昼の時刻、ポインター式の日付表示など、明らかに普通の機能を持った時計ではなく、天文・占星術の表示を持つ時計であり、懐中時計や置時計の時代には、これらの機能を持つモデルは非常に複雑で、複雑な部品を小さな時計に凝縮するには、極めて優れた職人技が必要であった そして、精密なメカニック。 つまり、極めて複雑で、極めて高度な職人技、天文機能、パテックフィリップというブランド、そしてもちろん希少性という点で高く、22個のダイヤモンドは、時計全体の価値からするとほんの少しですが、ある程度の価値があるものなのです。 それとは別に、このような時計を作れるブランド、あえて作るブランドは、パテックフィリップ以外にはあまりないでしょう。

ジャケ・ドローズ アルティザン J031534200
時計の直径:47mm
時計の厚さ:15.75mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:60メートル
ウォッチレビュー:ジャケ・ドローのムービングマンウォッチは、ムービングマンウォッチを作るのが実に難しいため、常に非常に高価なものとなっています。 昨年発売されたこの時計は、鳥が羽ばたく、さえずる、旋回するなどの動きを機械的に再現し、ピストン構造で鳥の鳴き声を模した可動式の「バードソング」機能を搭載しています。 そのすべてが手首の小さなスペースに収まっており、これもまた高度な技術を駆使したものです。 また、マザーオブパールの文字盤は、ブランドの熟練職人による彫刻で、スイスの風景を描いた水墨画のような効果があり、非常に素晴らしい出来栄えです。

リヒャルトミル メンズ RM 27-02
直径: 47.77*39.7 mm
時計の厚さ:12.25mm
ムーブメント: 手作業による機械式
ケース素材:QTPT石
ウォッチレビュー:500万円近くもする、一流都市の一軒家に相当するこの時計を手にするのは、本当に不安である。 この時計は、RMが長年のパートナーであるラファエル・ナダルのためにデザインしたもので、ナダルの手元でテニスをするために、非常に軽く、耐衝撃性、耐摩耗性、着け心地の良さが要求されました。 この時計は、600もの素材を掛け合わせることで、非常にテクニカルな時計に仕上がっています。 もちろん、ムーブメントも卓越したもので、トゥールビヨン、回転香箱による70時間のバランスパワー、巻き上げすぎを防止する機構を備えたユニークなデザインのリュウズなどを備えています。 明らかに、従来の素材や職人の技という価値観を超えて、コンセプチュアルな価値観を持っているのです。

結論:何が価格を決めているのか? 経済学では、価格は価値によって決まるとされていますが、価値を見積もるのは難しいので、私たちの一般的な経済法では、価格は市場によって決められ、誰かがこれだけ払ってもいいと思ったら、その値段の価値があるとされることが多いのです。 最後に、この100万円を超える時計は、どうしてそんなに価値があるのでしょうか? それは、伝統的な時計製造の枠を超え、そこにクラフトマンシップとコンセプトのメタフィジカルな極致があり、さらに、どれも非常に希少で、もちろん、誰かが買ってくれるからです。

古典的な変身です。 ゼニスのフラッグシップコレクション「ヘリテージ146」。

古典的な変身です。 ゼニスのフラッグシップコレクション「ヘリテージ146」。

150年以上の長い歴史を持つスイスの時計ブランド「ゼニス」は、常に伝統とモダンの絶妙な融合にこだわり、ブランドの豊かな伝統の中で大胆に革新を追求し、時計界のファッショナブルなレトロトレンドをリードしています。 今年のバーゼルワールドで、ゼニスはヴィンテージにインスパイアされた新しいコレクションを発表しました。精度の象徴である究極のフラッグシップ、クロノマスター フラッグシップ コレクションは、今回、これまでと同じヴィンテージルックで発表しましたが、その違いは、146Dムーブメントを搭載した1960年代のモデルをインスピレーションにしたことで、フェアで大きな話題となりました。 コレクションはブルーとブラウンの2色展開で、本日はそのブルーバージョン(Ref.03.2150.4069/51.C805)を紹介する。

“古い “と “新しい “の絶妙なコンビネーション

ゼニスの長く輝かしい歴史は、着用者に多くの自信を与え、時計製造のエキスパートとして高い評価を得ています。 創造的で大胆な時計ブランドとして、ゼニスの代表的なクロノマスターコレクションであるヘリテージ146は、ブランド自身の豊かな遺産からインスピレーションを得て、ゼニスの歴史のエッセンスと非常に重要なクラシックモデルの巧妙な再解釈を組み合わせ、クラシックデザインと最新のキャリバーを融合させています。

新型自動巻きムーブメントを搭載した1960年製ヴィンテージモデル

ヴィンテージ感溢れるスチール製ケース

ゼニスのフラッグシップモデルであるこの時計のケースはスチール製で、文字盤の直径は38mmと快適なサイズです。 この時計の見どころは、1960年代のヴィンテージデザインに高周波自動巻きムーブメント「エルプリメロ スタースピード4069」を搭載していることです。 ゼニスが好きな方にとっては、このエルプリメロムーブメントは、初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメントであるだけでなく、ゼニスの高精度哲学を表現した毎時36000振動の振動数で動いていることが特徴です。

柳のような手

文字盤にはサンバーストパターンが施され、すべて放射状のモチーフとなっており、ロジウムメッキされた柳型の針が神秘的でエレガントな印象を与えています。

クラウンディスプレイ

ケースにはねじ込み式リューズと、ゼニス独自のトレードマークであるスターマークが刻印された2つの丸型プッシャーが取り付けられており、職人ならではの繊細なこだわりが感じられます。

コート・ド・ジュネーブ」自動巻きローター

254個の部品からなる「コート・ド・ジュネーブ」自動巻きローターを搭載したコラムホイール式クロノグラフムーブメントで、クロノメーターとしての基準をすべて満たし、10分の1秒の究極の精度と50時間のパワーリザーブを実現しています。 ねじ込み式ケースバック、シースルーサファイアクリスタル。

文字盤-クロノグラフの典型的な構成

サンバーストモチーフの文字盤デザイン
海の色であるブルーが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。 海の深いブルーは、時計製造の巨匠たちを虜にします。このユニークな新作コレクションは、ブルーサンバーストのダイヤルデザインに、カーブしたグレアプリントのサファイアクリスタルが両サイドにあしらわれています。 ラバーで裏打ちされたブルーのレーシングカーフストラップは、スーツにも合わせられるこの時計のヴィンテージ感を強調しています。 2つのカウンターを備え、日付窓がない文字盤デザインは、1960年代のクロノグラフの典型です。この時計もその伝統を受け継ぎ、中央にスウィープセコンド針、3時位置にタキメータースケールを備えた30分積算計を備えています。

結論:エレガントなスタイルと紳士的なセンスを備えたこの新しいヴィンテージウォッチは、本当に驚くべき魅力を持っています。 クラシックな要素の保存や新しいデザインの大胆な使用など、ゼニスは常にブランドの優れた精神を守り、その高い性能と精度を発揮しています。 ゼニス ヘリテージ146は、60年代へのオマージュとして、クラシックなタイムピースに希少なヒューマンタッチを施しています。 ゼニスのファンなら、この楽しいコレクターズアイテムに失望することはないでしょう。

パテックフィリップの中で最も技術的に進んだもの。 今、どれくらいの価値があるのでしょうか?

パテックフィリップの中で最も技術的に進んだもの。 今、どれくらいの価値があるのでしょうか?

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 本来なら、今年パテック・フィリップがアップデートしたばかりの6006をご紹介したかったのですが、今年のパテック・フィリップの新作時計のラインナップでは、重量級のパーペチュアル・カレンダー5320と5650アドバンストリサーチコレクションが6006の影に完全に隠れてしまったからです。 しかし、私は6006よりも多くのプレーヤーが興味を持つであろう、次のようなことを考えました。 そこで、6006を少し後ろに追いやって、より興味深い内容を先にお見せすることにしました。 パテックフィリップの最先端技術を代表する「AdvancedResearch」ウォッチは、長い年月を経た今、いくらで売られているのだろうか。

パテックフィリップの時計の中で、AdvancedResearchコレクションと呼ばれる非常に特徴的なサブシリーズがあります。 5650は、今年発売されたこのコレクションの最新作です。 アドバンスド・リサーチ・コレクションが特別なのは、このコレクションの時計が、パテック・フィリップの最新かつ最先端の技術的成果を示すという特別な使命を担っているからです。 アドバンスド・リサーチ・コレクションでは、パテックフィリップは最新のムーブメント、素材、製造技術を使用しています。 これらの技術の一部は、今後パテックフィリップの量産型時計に採用される予定です。 最初のAdvanced Research 5250を皮切りに、5250、5350、5450、5550、5650がすでに発売されている(機種はかなりレギュラー化されている)。 アドバンスド・リサーチ・コレクションの各モデルは限定生産であったため、一部のプレーヤーはアドバンスド・リサーチ・コレクションの各時計の売買を追跡し続け、(状況に応じて)シリコン製ヒゲゼンマイを搭載したパテック・フィリップの価値を結論付けている。 をアップしました。 なお、当時、シリコン製ヒゲゼンマイを採用していたのはアドバンスド・リサーチのパテック・フィリップのみで、量産モデルには採用されていない。 長年にわたり、5250から5550までの具体的な取引が行われてきましたので、5250から5550が現在どれくらいの価値があるのか、そして最新の5650の現状を紹介します。

パテックフィリップ5250、5250に採用されているシリコン製テンプホイール「シリンバー」。

パテックフィリップ アドバンスド・リサーチ・コレクション 5250

発売年:2005年

パテックフィリップ5250は、2005年に発表されたアドバンスド・リサーチ・コレクションの最初の時計です。5250は年次カレンダー時計で、パテックフィリップの年次カレンダー5146とほとんど違いはありません。 両者の大きな違いは、その動きです。 パテック・フィリップは、アドバンスド・リサーチ・コレクションの第一弾として、脱進機にシリコンを使用した「5250」で初めてシリコン・テクノロジーを採用した。 パテック・フィリップは、シリコン製脱進機を見やすくするために、裏蓋の透明ケースバックに拡大鏡(ロレックスのバブルアイに似たもの)を付け、シリコン製脱進機をはっきりと見えるようにしたのである。 パテックフィリップは、スイスの時計業界でいち早くシリコン部品を研究し、5250のシリコン製ガンギ車も、シリコン部品が潤滑油を必要とせずに摩擦を低減する効果を実証するために設計されたものだった。 5250の脱進機輪だけがシリコン製で、その他のムーブメント部品は従来の素材と構造のままであり、キャリバー315のオリジナル構造を維持していることに注目してください。5250はサイズが39mmで、ホワイトゴールド製ケース、100本限定生産です。 現在の価値は約55万人民元です。

パテックフィリップ5350と5350は、スピロマックス・シリコン製ヒゲゼンマイを採用。ヒゲゼンマイの外輪が厚くなっていることにご注目ください。

パテックフィリップ アドバンスド・リサーチ・コレクション 5350

発売年:2007年

パテックフィリップの「アドバンスド・リサーチ・コレクション」の第2弾は、同じくアニュアルカレンダーとして2007年に発表された5350。5350は、脱進機にのみシリコンを使用した5250からさらにシリコン部品の使用率を高め、5350ではシリコン製脱進機に加え、シリコン製ヒゲゼンマイも使用するようになりました。 シリコン製ヒゲゼンマイ。 今でこそティソやミドの時計に採用されるなど、ごく一般的になったシリコン製ヘアスプリングだが、10年前は時計の世界では最新技術であった。 パテック・フィリップは、5350で初めてシリコン製ヒゲゼンマイを採用した。 シリコン製ヘアスプリングの最大のメリットは耐磁性です。従来のニバロックス製合金ヘアスプリングには少量の鉄が含まれており、その結果、従来の合金ヘアスプリングはまだ100パーセントの耐磁性を持っているとは言えません。 しかし、今日、パテック・フィリップのすべての時計は、プギラリスティックに、シリコン製ヘアスプリングを使用し始めている。 なお、5350のムーブメントは5250のキャリバー315ではなく、キャリバー324に変更された。 5350サイズ39mm、ローズゴールドケース、300本限定生産。 現在の価格は約590,000人民元。

パルソマックス・シリコン脱進機フォーク、パテック・フィリップ5450および5450に使用されている脱進機ホイール

パテックフィリップ アドバンスド・リサーチ・コレクション 5450

発売年:2008年

“アドバンスド・リサーチ・コレクション “の第3弾となる「5450」は、実はパテック・フィリップが時計の脱進機とテンプ(発振機構)を段階的に改良したものです。 シリコン製ガンギ車を搭載した5250、シリコン製ガンギ車とシリコン製ヒゲゼンマイを搭載した5350、そしてシリコン製ガンギ車とシリコン製ヒゲゼンマイ、さらにシリコン製ガンギ車フォークを追加した5450と、その変遷は様々です。 パテックフィリップのシリコン製脱進機フォークの利点は、耐磁性以外に、シリコン製フォークは非常に軽く、スチール製フォークの3分の1の重さしかないことである。 同時に、シリコン部品はフォトエッチングのため、どんな形状でも作ることができ、パテックフィリップのシリコン製脱進機フォークは、従来のスチール製フォークの欠点に対応した形状に改善された。 同時に、シリコン部品は高い精度でエッチングされ、部品の表面は非常に滑らかで、その結果、「アドバンスト・リサーチ」の腕時計の脱進機は注油を必要としないのです。 また、シリコン製ヒゲゼンマイの形状も改良され、対称性の高い形状で、内側から外側に向かって徐々にヒゲゼンマイのラインが太くなっています。パテック・フィリップのシリコン製ヒゲゼンマイは、従来の合金ヒゲゼンマイよりも細く、耐磁性や等時性(正確さと解釈できる)に加えて、超薄型ムーブメントの使用を容易にしました。5450もやはり年次カレンダーの腕時計で、5146とよく似たダイヤルを備え、5450は直径39mmプラチナケース、300本の限定生産となっています。 300個限定で、現在の価格は約67万人民元です。

パテックフィリップ5550、5550に採用されているシリコン製テンプホイール「ジャイロマックスSi」。

パテックフィリップ アドバンスド・リサーチ・コレクション 5550

発売年:2011年

アドバンスド・リサーチ・コレクション」の4本目は5550。これまでの「アドバンスド・リサーチ・コレクション」はすべてアニュアルカレンダーだったが、5550は5140によく似た文字盤のパーペチュアルカレンダーとなった。 5550」までは、ヒゲゼンマイ、脱進機、ヒゲゼンマイがすべてシリコン部品になっています。 これまでのどれとも違うのは、5550のシリコンバランスホイールです。5550のシリコンバランスホイールは、そもそも丸ではなく、蝶の形をしているのです。 さらに驚くべきは、シリコン製のテンプにカウンターウェイトを持たせるために、パテック・フィリップは「蝶の羽」の両脇に24金のリムを蒸着していることだ。 5550は、パテックフィリップの他の超薄型永久カレンダーと同様に、パールトゥールビヨン・ムーブメント、キャリバー240を使用しています。パテックフィリップは、5550の透明ケースバックに拡大鏡を追加し、蝶形のシリコン製バランスホイールを完全に見ることができるようにしました。 新技術や新部品の使用という点では、今年発売されたばかりの5650よりも多くの新部品を使用した5550は、パテック・フィリップの最高峰と言えます。 5550はプラチナケース、直径37mm、300本限定、現在の価格は約79万元です。

パテックフィリップが今年発表した最新作が5650です。

パテックフィリップ アドバンスド・リサーチ・コレクション 5650

発売年:2017年

パテック・フィリップが今年最も力を入れている時計で、アドバンスト・リサーチ・コレクションの最新モデルである5650の文字盤をスケルトン化し、これまでパテック・フィリップが採用していたデュアルタイム機構を、文字盤上に直接表示する一体型デュアルタイム機構に変更したことが、しばしば人々の印象に残っています。 を文字盤に表示します。 新しいデュアルタイムクイックアクションのサイズは、従来の構造に比べてかなり小さくなっています。 5650の外見的特徴から、この時計の最も中心的な変更点である、パテックフィリップのアドバンスト・リサーチ・コレクションの心臓部であるヒゲゼンマイを見落としがちです。 2005年の5250から12年、すでに変化を終えていたパテックフィリップが、なぜヘアスプリングに回帰したのか、不思議に思われるかもしれません。 確かに、パテックフィリップは5650で再びヒゲゼンマイの形状を変更しました。 これまでのパテックフィリップのシリコンヘアスプリングは、内側から外側のリングが太くなっていましたが、今回は内側のリングも太くなっている部分があります。そう、その小さな変化です(その小さな変化にも研究は含まれています)。 ヘアスプリングのカーブを変えることで、5650の計時精度はさらに向上しました(機械式時計では最高の精度を誇ります)。 パテックフィリップの文献には、英語と中国語で専門用語や物理法則が混在していますが、それを真似して「物理の授業」をするのはやめましょうね。 私がお伝えしたいのは、パテックフィリップがもたらすものです。 数字を見てください。

パテックフィリップ5650に採用された新型デュアルタイムコンポーネント(爪)

パテックフィリップと同じクラスに位置するブランドは、日差0/+10秒、スイスクロノメーター精度-4/+6秒、セイコーGS(機械式ムーブメントモデル)精度-3/+5秒、オメガはクロノメーター精度0/+5秒、ロレックストップクロノメーター精度-2/+2秒、パテック フィリップ5650精度-1/+2秒で調整した時計があります。 私の限られた知識では、パテックフィリップ5650以外の機械式時計で、あえて-1/+2の精度を謳うものはありません。 パテックフィリップ5650は、現在の機械式時計の最高峰に位置する。 機械式時計に精度を追求する必要はない、と言う人もいるでしょう。 これは認めます。 高速道路の制限速度は120キロなのに、なぜ人々はわざわざブガッティ・シロンを作り、買うのでしょうか?

パテックフィリップ5650に採用された新しいシリコン製ヒゲゼンマイに注目。 5650のヒゲゼンマイは、従来の5250とは異なるカーブを描いており、ヒゲゼンマイの内輪、外輪ともに太い部分があることに注目です。

パテックフィリップ5650は、「アドバンスド・リサーチ・シリーズ」初のスポーツウォッチ「アクアノート(手榴弾)」に搭載されることが決定したのです。 市場を語らずして時計の技術を語るのも「空論」で、今のところ、私の限られた知識では、500本限定の5650はVIP購入のみとなっています。 パテックフィリップの多くのモデルの現実は、ロレックスのようにブランドのブティックから入手できず、二次市場を通じてしか入手できないことが多いが、周知の通り、公定価格以上は当たり前である。 現在、私が知る限り、5650はセカンダリーマーケットに登場し、知る人ぞ知る、100万ドル前後、中には110万ドルまで価格が上がっているそうだ。5650がこのレベルに達した大きな理由の一つは、今、高級スポーツウォッチが人気で熱いトレンドになっているからだと思う。 オーデマ・ピゲのグリーンとホワイトのオフショアモデルがメートル法で、ロレックスのセラミックディトナーやレッドレターのシーアンバサダーがメートル法で販売されていることからも明らかである。 パテックフィリップがカラトラバではなく「グレネード」に5650を載せたのも、このためだと思います。 パテックフィリップは5650の他に、5167、5712、5524から5131、5976、5711Pと公称価格を超えてきているので、パワープレーヤーの皆さん次第ですね。

最後に、47.6×45.24mmのホワイトゴールドケースのパテックフィリップ5650は、500本限定であることを付け加えておこう。

それはあなたと同じではありません。3つのエミー独創的な一連の時計の推奨事項。

それはあなたと同じではありません。3つのエミー独創的な一連の時計の推奨事項。

EMIのIngenuityシリーズは私のお気に入りのシリーズです。独創的なシリーズは、エミー時計の素晴らしい職人技を完全に組み合わせています。独創的なシリーズは、さまざまな複雑な機能、特に回復関数の完全な解釈のためによく知られています。それをエミーテーブルの最初のシリーズとして見るのは事実です。

EMI IngeniousシリーズMP6607-SS001-112-1ウォッチ
直径を見る:40 mm
厚さを見る: –
動きタイプ:自動機械
ケース材料:ステンレス鋼
防水深さ:50メートル
ウォッチコメント:このエミー科の象徴的な時計は、小さく複雑な時計と見なすことができます。1週間に1週間と月のディスプレイウィンドウがあります。6時に美しいムーンフェーズの利益と損失ディスプレイデバイスがあります。ポインター日付ディスプレイ。時計には内部のML37自動ムーブメントの動きが装備されており、上部チェーンは38時間のパワーリザーブを提供できます。このケースはクラシックでラウンドであり、情報は完成しています。毎日の形式のテーブルに理想的な選択肢です。

EMI CraftsmanshipシリーズMP6807-SS002-112-1ウォッチ
直径を見る:40 mm
厚さを見る: –
動きタイプ:自動機械
ケース材料:ステンレス鋼
防水深さ:50メートル
コメントを見る:この時計には3時の日付表示ウィンドウがあり、中央のポインターで時間、数分、秒を示します。サファイアボトムカバーを通して、丸い穀物とジュネーブリップルメッキの動きとジュネーブリップルが刻まれた金メッキチューブを備えた装飾的な装飾を明確に評価できます。この時計は高貴で簡潔で、4つのバージョンを提供します。これは、デザインを装飾する必要がないことを知っている人々を引き付けるでしょう。

EMI CraftsmanshipシリーズMP6508-SS001-130-1ウォッチ
直径を見る:43 mm
厚さを見る: –
動きタイプ:自動機械
ケース材料:ステンレス鋼
防水深さ:50メートル
コメントを見る:この時計は直径43 mmで設計されており、ステンレス鋼で作られています。時計は925スターリングシルバーボードで作られています。時計の2時の位置に運動エネルギーリザーブディスプレイ機能があり、10時の位置にはカウンタージャンプポインター日付表示機能が装備されています。 3本足の立場の感覚、中心的な時間は時計の中央にあり、時間は正確に指示されます。
https://ershova10.tenkomori.tv/
https://luliiavcasti.yoka-yoka.jp/
https://galinawyqxnj.sagafan.jp/

概要:エミーの職人技の時計は独立した特性です。このシリーズには、前年のよく知られたスクエアギアウォッチや神秘的なセカンドハンドウォッチなど、非常に特徴的な時計もあります。これらの時計、これらの時計は個人的に個人的に時計、比較的ニッチな選択だと思います。今日、これら3つの時計を推奨すると、ほとんどの人はモデルを理解して受け入れることができます。

古代のエレガントな交際。LangqinClassic Reproduction Series 1945 Watch。

古代のエレガントな交際。LangqinClassic Reproduction Series 1945 Watch。

エレガントは態度です。これはロンギンの基本的な価値です。古代時計の家族として、ロングインは常に「優雅さ、伝統、パフォーマンス」をブランドの絶え間ない追求と見なしています。 「Langqinの同義語になりました。 2017年、Langqinは再びその強さを発揮し、古典的なRe -Engravingシリーズ1945時計を立ち上げました。低キーシンプルさは非常に魅力的です。 Longinesの古典的なRe -Engravingシリーズは、歴史に対する無限の敬意を表現するために、最も特徴的な古代スタイルのオリジナルの美しさと優れたテクノロジーを完全に統合します。この時計は1945年のブランドによって作成された時計です。ファンはCalatravaの時計と呼ばれます。デザインのインスピレーションのソース、そして彼らは185年以来、時計製造の伝統に敬意を表することを目指しています。さらに興味深いのは、2015年にそのプロトタイプが、ヒマワリの水彩時計のテーマのページに登場したことです。 (ウォッチモデル:L2.813.4.66.0)

レトロな雰囲気の美しさはシンプルです

古典的なレトロな外観

この時計を2つの言葉で説明させても、「シンプル」でなければなりません。断固たるステンレス鋼のケースラインはきれいできれいで、ベゼルは平らで、幅は適切です。暗褐色の爪を備えた絶妙で小さな王冠は、強い年齢感を持っています。個人的には、私はレトロな雰囲気を好むので、この古典的な1945年の時計が明るい茶色と銅のトーンで私の心を獲得しました。

ブロックとステンレススチールバックル

ダークブラウンレザーストラップ

ベルベットのような繊細なストラップには、1つのラインステッチマークがあります。それは純粋でシンプルです。フォーマルであろうとカジュアルであろうと、最高の態度に対処できます。

レトロ風味のダイヤル

直径40mmの時計は大きくありません。メンズウォッチの中程度のサイズであり、本当に目を引く焦点はこの小さなダイヤルにありますが、平方インチには独創的なレイアウトの詳細があります。温かいブロンズ描画ダイヤルでは、アラビア語のデジタルキャンペーンとドット型のシルバージェムの調整が間違っています。

ブルースチールポインター
細い葉型のステンレス鋼のポインターは、ダイヤルを調和のとれた美学に与えます。時間の手、針、6時の位置の利点にあるロッド型の中央ポインター。

http://tarasovyoqa.da-te.jp/
https://pavelmblhgv.tenkomori.tv/
https://zhdanov2023.ti-da.net/

バックディスプレイ
表面の背面のデザインはまだシンプルでドラッグされておらず、波を吹く翼の吹き抜けの砂時計の重要なロゴが中央に刻まれています。

控えめで奥ゆかしいオメガ スピードマスター 38mm

控えめで奥ゆかしいオメガ スピードマスター 38mm

オメガ スピードマスターほど、歴史に名を残す時計はないでしょう。 月面を歩いた最初の象徴的なタイムピースとして、スピードマスターは、宇宙開発におけるオメガの卓越した技術と革新的なクラフツマンシップの永遠のシンボルとなっています。 そして今年、オメガはスピードマスターの伝説的な遺産を引き継ぎ、新しいスピードマスター 38mmを発表しました。

新しいオメガ スピードマスター 38mmは、コレクション本来の本質と象徴的な外観を保ちつつ、ミニマルで革新的な美的要素を数多く取り入れ、時代を超えた魅惑的なデザインに仕上げています。 クラシックなデザインと現代的なスタイルを好む人のために、新しいモデルはそれぞれミニマルな外観、サイズ、配色にこだわり、男の子と女の子のニーズに合わせて14モデルの豊富なラインアップを揃えています。

黒とグレーの配色は、常に控えめな奥行きを感じさせ、人目を引くことなく、むしろ耐久性を高めています。 スピードマスター38mmは、ブラックとグレーのカラーコンビネーション(Ref.324.38.50.06.001)で、ベゼルの外側にダイヤモンドのリング、内側のベゼルにブラックアルミニウムのタキメーターリングが付いた特徴的なダブルベゼルを備え、スピードスターのタキメーターとクロノグラフ機能はそのままに、控えめな高級感を演出しています。

ダブルベゼル仕様により、ダイヤモンドをセットしたベゼルがタキメーターベゼルを引き立たせています。 サンレイパーマ仕上げのグレーダイアルには、初期のオメガ ディスクウォッチのデザインからインスピレーションを得た横長の楕円形のサブダイアルと、6時位置に縦長の楕円形のカレンダーウィンドウが配置されています。 アワーマーカーと針にはロジウムメッキを施し、時分マーカーとクロノグラフ秒針にはホワイトのスーパールミノバを塗布し、暗い場所でも確実に時間を読み取れるようにしています。

ねじ込み式スチール製リューズにはオメガのブランドロゴが刻印され、側面には滑り止めのテクスチャーが施されているため、着用者が簡単に扱えるようになっています。 リュウズの上下には、クロノグラフのスタートとストップ、ゼロ調整のためのプッシュボタンがあります。

ケースの側面は柔らかく自然な仕上がりで、起毛加工を施して質感を高めています。 日付はケースサイドの10時位置に調整されています。

ライトグレーのステッチを施したダークグレーのレザーストラップとスチール製のフォールディングクラスプは、柔らかく手首になじみます。

この時計のねじ込み式ケースバックには、オメガの象徴であるシーマスターのエンブレムが刻印されています。この時計には、シリコンSi14製ヒゲゼンマイとカーバイドフリー・バランスホイールを搭載し、COSC認定、52時間パワーリザーブのオメガ・コーアクシャル・キャリバー3330を搭載しています。 この時計は100m防水です。

まとめ:オメガの新しいスピードマスター 38mmウォッチの中で最も控えめで奥ゆかしいこのモデルは、スピードマスター コレクションのクラシックなデザインを継承するだけでなく、現代の若者の美的感覚に合ったミニマルでモダンな外観を兼ね備えています。

http://morozovryem.kataranna.com/
http://lukin78.otemo-yan.net/
https://valeriikuznetsovtgsg.sagafan.jp/
http://valeriipetrovgqkb.yoka-yoka.jp/
http://anatoliipanfilovldbu.ikora.tv/

夏に向けて手首を冷やす…ではなく、時計は視覚的な涼しさも重要です

夏に向けて手首を冷やす…ではなく、時計は視覚的な涼しさも重要です

夏の暑い日、うだるような暑さと人の多さが混ざり合い、息苦しさを感じることがあります。 このとき、私たちの心を癒してくれるのは、エアコンと冷たい飲み物だけなのでしょう。 しかし、暑さをしのぐには、視覚的に涼をとるという方法もあります。 色で言えば、アイスブルーとグリーンは間違いなく暑さの「敵」です。 色を見た瞬間に、爽やかな涼しさを錯覚させる。飲み物の広告やファッションウェアでよく見られるのと同じ戦術で、手首につけてみたらどうだろう。 視覚的な冷却効果も同様に、時計を見たときの爽快感を思い浮かべてください。

アイスブルー

アイスブルーの視覚的冷却効果

透明度の高いアイスブルーの海

アイスブルーによる視覚的な冷却効果

この氷のような青色を見ると、広大な海とその波のきらめきを思い浮かべることでしょう。 早く潜って涼しくなりたいものです。 そして、文字盤のアイスブルーの使い方が、まさにそれです。 オメガ ディアブロとピアジェ アルティプラノは、どちらもそうなっています。 特に淡いブルーの文字盤を見下ろすと、船室越しに青い海を見るような感覚になります。 全体に水色を基調とした「ランゲ1」コレクションは、視覚的にも涼しげです。 アイシーブルーを好む人にとって、この3機種は選ぶのが難しいのは間違いないでしょう。

腕時計のススメ。

オメガ ディスクワールド、直径27.4mmのダイアル、ブライトブルーマザーオブパールのダイアル、マットなアワーサークル、ポリッシュ仕上げのローマ数字とダイヤモンドのインデックス、1376クォーツムーブメントを装備

ランゲ&ゾーネ ランゲ1、文字盤直径36.1mm、ペールブルー・マザーオブパール文字盤、カーフスキンストラップ

ピアジェ アルティプラノ」ウォッチ、18Kホワイトゴールド製ケースに72個のダイヤモンド、直径34mmの文字盤、超薄型の手巻きムーブメント

フレッシュでクリアなグリーン

清涼感もある印象的なグリーンカラー

透き通るようなグリーン

透明感のあるクリアなグリーン

青よりも幽玄で深みのある、クリスタルな緑。 その視覚効果は、爽快という表現がぴったりだと思います。 それが時計に施されると、「腕の上の小さな緑」として素晴らしい存在感を放ちます。 ディオールDiorVIIIウォッチは、グリーンという色で遊ぶには最適です。 スカートの裾からインスパイアされた、濃淡のあるグリーンが文字盤に広がり、「森の精霊」と称されるにふさわしい時計です。 ボーム&メルシエのパクトコレクションに加えるグリーンエメラルドという選択も、美意識の高さを感じさせる。 シチズン XCコレクションは、グリーンの結晶美を表現したもので、ケースを見るだけで、静かな湖の水面を見ているような感覚になると思います。

腕時計のススメ。

Dior DIORVIII、38mmホワイトハイテクセラミック&ホワイトゴールドケース、ベゼルにバゲットセッティングダイヤモンド、ホワイトマザーオブパールダイヤルにダイヤモンド、ホワイトゴールドのファセット時針・分針、ピラミッド型リンク、自動巻きムーブメント

ボーム&メルシエ エンゲージメント ウォッチ、34mmダイアル、ステンレススチールケース、ダイヤモンドをセットしたエメラルドベゼル、クォーツムーブメント

シチズン XC ウォッチ、ステンレススチールケース、クオーツムーブメント

視覚的に涼しさを感じさせる上記の2色に加え、氷や海洋の要素を持つ時計のデザインディテールの一部は、実際に夏場の感覚を涼しくすることができます。

氷や雪は、涼しさを演出する最も直接的な方法です。

腕時計のススメ。

ピアジェ ライムライト ウォッチ、18Kホワイトゴールド、ダイヤモンド、ケース径39mm、クオーツムーブメント

Piaget SUNLIGHTJOURNEY ウォッチ、直径38mmの文字盤、18Kホワイトゴールド製ケースにブリリアントカット・ダイヤモンド78個をセッティング

ヴァン クリーフ&アーペル エクストラオーディナリー ダイヤル ウォッチ コレクション、38mmホワイトゴールド製ケース、ホワイトゴールド製ダイヤモンドベゼルにラウンドカット ダイヤモンド、ホワイトゴールド製クジラにラウンドカット ダイヤモンド、ステンドグラスとサファイアの海水をエングレーブ、光沢のあるミッドナイトブルーのアリゲーターレザーストラップをセット

ピアジェの「ライムライト」コレクションは、文字盤に小さな雪の結晶をあしらった、夏にも最適なテーマが巧みなアイデアです。 SUNLIGHTJOURNEY」コレクションのもうひとつのモデルで、フェイスの抽象的なパターンは、海の波のうねりを思わせ、ブルーからパープルへのグラデーションが遊び心に満ちています。 ヴァン クリーフ&アーペルのエクストラオーディナリーダイヤルは、文字盤に直接泳ぐクジラのイメージが描かれており、鮮やかで自然な美しさを表現しています。 暑さに包まれている人は、きっとこの海を、この涼しさを、手首に忍ばせておきたいと思うことでしょう。

http://avelmblhgv.ko-co.jp/
https://larinvnsr.osakazine.net/
https://tarasovyoqa.citylife-new.com/
https://iuriiyaqnms.kyo2.jp/
http://lukin78boo.boo-log.com/

パネライは後退したが、687は燃えている

パネライは後退したが、687は燃えている

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 主流の時計の中で、私が一番知らないのはパネライスーパーコピーです。 他のブランドの場合は、少なくともモデル、時計、ムーブメント、特性、現在の市場について少しは知っています。 ただ、どのパネライの時計なのか、値段はともかくとして、見分けがつかない。 私は基本的にパネライのことは何も知らないのですが、このような状況になった理由は2つあります。 ひとつは以前の職場環境によるもの、もうひとつは手が小さくてパネライがつけられないので、パネライの時計に目がいかなくなったということです。 私のパネライの記憶は、何年も何年も前の000、005、111、382の時計に残っています。以前、005と111、不便で巻き忘れが続いた6497の手巻き時計、大きすぎず太すぎずな44を捨ててしまい、その後つけなくなったからです。 44は大きすぎず、厚すぎずで、つけなくなりました。 時間が経つと、後の時計は全く分からなくなりました。

パネライの1つである111は今でも知っています。

パネライの時計を知らなくなったとはいえ、ここ数年のパネライの浮き沈みくらいは見てきたつもりだ。 数年前、パネライが火を噴き、市場が盛り上がっていた頃、「目をつぶって買える」ブランドは、ランゲ、FPJ、パネライの3つだ(当時)という言葉があり、とても印象に残っています。 この3ブランドの時計が熱かった。 当時、私たちは皆、ロレックスをベンチマークとしており(実際、今でもそうだ)、どのような時計市場でもロレックスと比較することを厭わなかった。 当時のパネライの勢いはロレックス以上でした。 その根拠は「高い」の一言に尽きた。

パネライのセカンド、005は今でも知っています。

熱が冷めた後、買うべき人が買ったと推測され、目新しさも過ぎ、パネライの相場は徐々に下がっている。 多くのパネライは、今は自社生産で、P3000、P9000、P5000など、6497なんて大昔のものはありませんが、それでも以前より安いといつも感じる価格です。 Peが安くないという感覚はもうないですね(市販の一般的なモデル、ブロンズやミネルバの類はカウントしない)。

スーパーメートル級というと、PPやラオばかりですが、今年はちゃんとスーパーメートル級もあるペイです。

オーバープライスというと、私たちが思い浮かべるのはパテックフィリップやロレックスです。 今年、最も話題になった高値の時計は、赤文字のシーアンバサダー、セラミックリングのディトナー、グリーンゴーストなど、主にロレックスに集中しています。 パテックフィリップの5711Aや5712Aのように、定価を超えるような時計はよくあることです。 しかし、今年も順調に指標価格を上回り、火を噴いたパネライがあります:パネライ687です。

今年注目のパネライ、685(ブラックプレート)と687(ブラウンプレート)です。

687は、新しいパネライです。 687は普通のパネライではなく、とても特別な存在です。687が最も特別なのは、そのベゼルです。 パネライの時計はすべて丸い開口部ですが、687はベゼルに刻印がある12面体です(パネライのダイバーは回転ベゼル)。 グラデーションのかかったブラウンの文字盤も特徴的です。 この時計が他のパネライとは違うということを踏まえて、まずはこの時計の成り立ちを少しお話ししましょう。

685/687は、1930年代のパネライ・シーに端を発するプロトタイプウォッチです。

687/685(685はブラックダイヤル仕様)は、1930年代にパネライがイタリア海軍に献上したラジオミール3646のプロトタイプに由来しています。 歴史的なプロトタイプは、12面ベゼルに刻印を施し、ロレックスのムーブメントを使用した時計である。 ベゼルにはパネライの特許を意味する「OfficinePanerai – Brevettato」の刻印があり、687/685はこの歴史的な時計を参照し、現代風にアレンジされたモデルである。 687と685の2モデルがあるのは、グラデーションのかかったブラウンダイヤルの687は、アンティーク時計のダイヤルの酸化・変色を模して、あえてブラウンで酸化したような文字盤にしたためです。 一方、黒文字盤の685は、オリジナルの黒文字盤の表情をそのまま残しています。 ご存知のように、歴史的にその技術がなかったため、時計の文字盤の漆や夜光塗料は時間の経過とともに色が変わり、白は黄色っぽく、黒は茶色に変化していった。 この茶色は「日焼け」したように見えることから、「トロピカル」と呼ばれるようになった。 この変色は、経年変化を感じさせ、時計の価値を高めています。 この場合、687はわざわざ酸化した茶色で作ったので、ヒットしたのだろう。

685/687では、刻印の入った12面ベゼルを採用していることがわかります。

687/685の12面ベゼルについては、発売当初、多くのプレーヤーが珍しさを感じたという。 しかし、この時計を見たとき、以前にも一度、この種のベゼルを見たことがあったので、驚きはしませんでした。 パネライをはじめ、多くのブランドが時計ショーで新作を発表する際、一般には発表されず、VIPにのみ個別に公開される時計があることだ。 2013年のことだったと記憶しているが、一般に公開されていないパネライのペアウォッチの写真を見たとき、521と522という番号で、プラチナとピンクゴールドで、ミネルバムーブメントを使い、ベゼルは12面体で、521/522は初めて使われたであろうというものだった。 現在、687/685はこの12面ベゼルに再び使用され、エングレービングが施されており、現在販売されているパネライの中では唯一無二の存在となっています。

パネライ521/522、この2つのパネライは685/687と同じベゼルを持つことがわかります。

今回、687が注目されるもう一つの重要な理由は、スチールケースです。 前作の521/522も12面ベゼルで、これも特別なものでしたが、プラチナ製とローズゴールド製があり、これは一部の人のバッグになる運命でした。 ゴールドのケースは高価なので手が出ませんが、スチールの時計は手に入れると良いですね。 パネライのモデルもうまく言えない私ですが、以前、パネライの選び方を学ぶように指導されたことがあります。 まず、47mmのパネライを買いましょう。47mmはパネライの伝統的でクラシックなサイズだからです。 2つ目は、スチールケースのパネライを買うこと。パネライは、スチールケースのミリタリーウォッチとしてスタートしたからだ。 3つ目は、パネライは2本針、つまり時針と分針だけのものを選ぶことです。 4つ目は、ブルーやゴールドの針を持つものを選ぶことです。 私はパネライを知らないが、私はこれらのメソッドは、これらの条件を満たしているパネライは、多くは非常に良い人気モデルであるため、意味があるように見えることを漠然とした感じを持っている。

スチールケース、47mm、2本針、金針、687/685は全て適合します。

687/685は、手巻きムーブメントP3000を採用し、3日間のパワーを備えています。

687は1,000本の限定生産で、公称価格は69,000円以上と、高いとも安いとも言えない普通の価格です。 以前、相場が高いときは8まで上がることがあると聞いたことがありますが、本当でしょうか。 とにかく今の価格は7万以上と適正価格を少し超えています。687はブロンズを除けば、唯一適正価格を超えられるパネライと謳われています。687は確かに市場にあまり出回っておらず、687の状況を見ると685に目を向ける人が多いです。685は文字盤の色が黒以外は687と同じで、かなり安く手に入れることが可能です。 今、パネライ687はロレックスのグリーンゴーストのような感覚を与えてくれます。 パネライを知らない私としては、687/685は良い時計だ、この時計はとても強気な時計に違いないと思える。

パネライのブロンズ像2点、507(左)と382(右)。

最後に687/685の構成について、先ほど触れなかった情報を補足します。687/685のクリスタルのガラスは、スーパーコピー歴史的なプロトタイプ時計の雰囲気を再現するために、人工サファイアガラスではなくアクリルを使用しています。 また、使用されているムーブメントは、3日間のパワーを持つ手巻きムーブメントP3000です。 ふと、この時計にパネライの自社製ムーブメントが使われていたのは幸運だった、もしミネルバの特殊ムーブメントとかが使われていたら、687の価格はもっと高くなっていたかもしれない、と思ったのです。

ホワイトゴールドのハイクラスなクラシックウォッチ3種

ホワイトゴールドのハイクラスなクラシックウォッチ3種

ブランドコピーの18Kホワイトゴールドは、華やかなイエローゴールドや優しいローズゴールドとは異なり、時計界の高貴な存在として、しばしば冷静さを失います。 高級ブランドや限定品に使われることが多い。 常に身につけることで、格調高く、控えめな美しさを演出します。

ランゲ&ゾーネ サキソニー 215.026
直径:37mm
ケース厚:7.3mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
時計コメント:シンプルでフォーマルなデザインで、腕元に紳士のエレガンスを表現しています。 このクラシックなランゲザックスウォッチの印象と同様に、37mmのホワイトゴールドケースは、ポリッシュ仕上げで高く洗練された仕上がりになっています。 シルバーグレーのシンプルな文字盤には、立体的なバーインデックスを背景にシルバーとホワイトゴールドのロジウムメッキの針が配され、直感的に時刻を把握することができるようになっています。 6時位置のスモールセコンドカウンターは、シンプルかつエレガントなデザインで、腕元で存在感を主張します。 ブラックのクロコダイルレザーストラップが、クールで高級感のある落ち着いた表情を完成させています。

ピアジェ ALTIPLANO G0A42107
直径:38mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:18Kホワイトゴールド
時計コメント:今年60周年を迎えるピアジェのアルティプラノコレクションに登場するモデルのひとつ。 ケースの直径は38mmで、18Kホワイトゴールドの丸みを帯びたポリッシュ仕上げとなっています。 文字盤にはピアジェブルーサンバーストが施され、グラデーションの視覚効果により、思いがけない感覚をもたらします。 クラシカルなクロスフェイスの文字盤に、時分針と立体的なバトンインデックスを配し、直感的で明瞭な時刻表示を実現しています。 文字盤と同色のダークブルーのチェック柄クロコダイルレザーストラップが付属し、汎用性が高く、スタイリッシュで個性的な腕元を演出します。

ブレゲ クラシック 5157BB/11/9V6
直径:38mm
ケース厚:5.4mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
コメント:西洋のエレガンスと洗練を感じさせる、ホワイトゴールド製のブレゲ・クラシック。38mmの18Kホワイトゴールドケースと18Kゴールドプレートのシルバーダイアルが視覚的に一体化し、異なる感覚をもたらす。 文字盤には、パリのスタッズをモチーフにした機械彫りの模様が美しく、上品に施されています。 エレガントで威厳のあるブラックのローマ数字は、ひときわ目立つブレゲのブルースチール針によって見やすくなり、12時間マーカーの両脇にある目に見えないブレゲのサインは、この時計に独自の個性を与え、一目でわかる魅力を添えています。 ブラックのアリゲーターストラップを装着することで、男の気品と慎ましさを腕元に映し出す、凛とした気負いのない表情に仕上げています。
https://yudina2002.amamin.jp/
結論:フォーマルで汎用性の高い、紳士的なデザインのクラシックホワイトゴールドウォッチ3点。 表面はシンプルでシャープな印象ですが、中身は充実しており、性能は比較的良い方だと思います。