IWCスーパーコピー」タグアーカイブ

IWCスーパーコピーは全く新しいポートフィノシリーズの月相の自動腕時計を出します

近日、IWCスーパーコピーは全く新しいポートフィノシリーズの月相の自動腕時計を出して、これは第1モデルが月相を配備して殻の直径を表示して、表して40ミリメートルのポートフィノシリーズの腕時計なるです。

殻を表して精密な鋼の材質を使用して、直径の40.0ミリメートル、厚さの11.2ミリメートル、両面を配備して目がくらむ凸面のサファイアの水晶の鏡映面を防いで、そして30メートルの防水性能があります。

時計の文字盤は2種類の異なるバージョンに分けて、その一として青い時計の文字盤がよく合って銀色の月とロジウムメッキのポインターと時(型番:IW459402)を表示するので、その2として銀をめっきする時計の文字盤が金色の月によく合って金めっきするポインターと時と(型番:IW459401)を表示するのです。月相の損益は12時に位置を設けるのを表示して、外観だけではないがの精巧で美しくて、その上運行するのがきわめて精密で正確で、月の実際の損益周期と577.5年ごとにやっと1日の誤差に累積します。

新作ポートフィノシリーズの月相の自動腕時計はIWCの35800型の自動上弦のチップを搭載して、このチップは171の部品から組み立ててなって、25粒の宝石を含んで、しきりに28奮い立って、800回/時間(4ヘルツ)、42時間の動力を提供して保存することができて、中央を備える時分秒と月相の損益の表示機能。それ以外に、チップの表面がまた(まだ)扮して精巧でwww.mycopys.com美しいジュネーブの波紋とうろこの紋様があります。

青い時計の文字盤のモデルは黒色の手描き絵のワニの皮バンドによく合って、銀をめっきする時計の文字盤のモデルは茶褐色の手描き絵のワニの皮バンドによく合って、2種類のバージョンの公式サイトの値段は皆80万円です。

鎧は依然としてあります:IWCスーパーコピーのブランドの親友の張はもしyunは空の果てに見張りをします

鎧は依然としてあります:IWCスーパーコピーのブランドの親友の張はもしyunは空の果てに見張りをします
機械之美達になって極致に着いて、精密な鎧のようです――怒る戦闘機を噴き出すのはこのように存在するです。イギリス飛行機メーカーのスーパーマーリン(Supermarine)の会社のシニアエンジニアのミッチェルを担当して、同時にこの怒る戦闘機を噴き出す創建し営む者で、その時あり得なく見える任務を完成しました。今なお過去に目を向けて、すべてそのきんでている素早さ性と飛行性能で怒る戦闘機を噴き出して、しっかりしてい航空の歴史の上のトップクラスの精密な型の中の一つに座ります。80年後に、IWCIWCは目撃証言するのをそれは全く新しい使命に開きます。
1. ブランドの親友の張はもしyunはIWCIWCのパイロットのシリーズTOPGUN海軍空中戦部隊の磁器をつけて両秒溶けてチタン金属針の時間単位の計算の腕時計を追います.jpg
“銀の翼”は帰って来ます
“私はそれを家に運転して戻ることができますか?”張はもしyunは銀の翼が火の戦闘機の本当の姿を噴き出しに会う時口をついて出ます。この超卓の精密な設計の傑作に直面して、たとえ心の中は自由な魂の少年に住んでいても抵抗することができないとしても。機体の全体が光沢加工を通って磨き上げた後に凛然としている金属光沢を現して、そのためも“銀の翼”と称させられます。それに近付いて、あなたは甚だしきに至ってはこの機械の心臓を感じてかすかに脈打っていることができて、復帰を早急に要してその空域に属してことがあって、IWCIWCが怒る戦機のパイロットの世界の標準時区の腕時計の“最も長い飛行”の限定版を噴き出しとと一緒に、技師精神のこの誉れを順次伝え続けます。
ブランドの親友の張はもしyunはIWCIWCをつけて怒る戦機のパイロットの世界の標準時区の腕時計の“最も長い飛行”の限定版を噴き出します(型番:IW395501)
5. ブランドの親友の張はもしyunはIWCIWCをつけて怒る戦機のパイロットの世界の標準時区の腕時計の“最も長い飛行”の限定版を噴き出します.jpg
“TOPGUN”のの唯一の信条
TheBest ofBestになって、TOPGUNの唯一の信条で、IWCIWCのパイロットのシリーズの腕時計の準則です。革新と前衛の表を作成したのが絶えず求めるのに対して、非凡ですばらしい融通性を安定的な性能が完璧なのと解けて、やっと銀の翼が怒る戦闘機を噴き出して43越えるのに伴って、000キロメートルの山の海、正確に心の向かう所に到着します。張もしyunの自由の夢、IWCIWCのパイロットのシリーズTOPGUN海軍空中戦部隊の磁器が溶けるのがチタン金属が両秒に針の時間単位の計算の腕時計を追っていっしょに開く冒険的なことにも従うでしょう、IWCスーパーコピー世界にこの“時間の生き生きとしているキャリヤー”を演繹して及び一度も人の機械の米を示してません。